IT日記

IT日記

IT関連製品の使用感などを記載します

インターネット回線のスピードUP

excite MEC光へ変更

インターネット回線をエキサイト光からexciteMEC光というIPv6 IPoE方式の新しいタイプのサービスに変更しました。

体感できるぐらい早くなりました。実際には早くなったというより、安定してスピードが出るようになった感じです。

項目 変更前 変更後 備考
サービス名 エキサイト光 excite MEC光
回線 フレッツ光ネクストマンションタイプ フレッツ光ネクストマンションタイプ 変更なし
プロバイダ excite.BB excite.BB 変更なし
接続タイプ IPv4 PPPoE IPv6 IPoE
月額(消費税抜き) 3,360円 3,660円 excite MEC光の月額は、2017/12/1~以降は3,600円に料金改定
接続スピード(下り平均) 28.9Mbps 61.5Mbps 約2倍スピードUP

スピード測定

スピード測定すると変更前の「エキサイト光」も早朝の時間帯は100Mbps程度出ることはありましたが、混雑する夕方以降の時間帯は10Mbps以下になることもありました。MEC光へ変更後は、安定して30~40Mbpsの結果が得られるようになったように思います。

Windows10のアプリストアで無料の「Network Speed Test」というアプリでときどき測定してた結果が履歴として残っていたので、それを元にグラフを作ってみました。

Network Speed Testの画面 f:id:narazuketabeta:20171106213949p:plain

測定結果を元にしたグラフ f:id:narazuketabeta:20171106000213p:plain

グラフにしてみたものの、ぱっと見には効果が判りにくかったので、MEC光への変更が完了した2017/10/21を基準に「10/21より前の日」と「10/21以降」に分けて平均してみました。

遅延時間 下り速度 上り速度
10/21よりも前 75.7m秒 28.9Mbps 28.0Mbps
10/21よりも後 63.5m秒 61.5Mbps 84.4Mbps
改善率 16.1%低遅延化 212.6%広帯域化 301.6%広帯域化

遅延時間は「Network Speed Test」の結果だと平均63.5m秒ですが、Googleのサーバ宛てのping測定だと概ね7m秒~10m秒程度という状況です(以前は夕方以降の時間帯だと30m秒~40m秒)。

-----
8.8.8.8 からの応答: バイト数 =32 時間 =8ms TTL=60
8.8.8.8 からの応答: バイト数 =32 時間 =7ms TTL=60
8.8.8.8 からの応答: バイト数 =32 時間 =6ms TTL=60
8.8.8.8 からの応答: バイト数 =32 時間 =6ms TTL=60
8.8.8.8 からの応答: バイト数 =32 時間 =6ms TTL=60
8.8.8.8 からの応答: バイト数 =32 時間 =11ms TTL=60

8.8.8.8 の ping 統計:
パケット数: 送信 = 4114、受信 = 4094、損失 = 20 (0% の損失)、
ラウンド トリップの概算時間 (ミリ秒):
最小 = 5ms、最大 = 110ms、平均 = 8ms
-----

変更に至った背景

ここ数年、自宅のインターネット回線は「エキサイト光」を使っていました。アフロの人とカエルがイメージキャラクターのやつです。

フレッツ光回線とプロバイダがセットで支払いがひとまとめになっている、光コラボというタイプのインターネット回線サービスです。

「エキサイト光」マンションタイプは月額が3,360円(消費税抜き)で、他のサービスに比べてお安めでした。

安い分スピード出ないかも、という不安がありましたが、最低利用期間が無いのでダメだったら別のサービスに変更すればいいかなと思って契約しました。

開通後、特に不満なく利用出来ていたのですが、最近は夕方以降の時間帯などに遅いと感じるようになってきていました。

速度低下は、フレッツ回線ではなくその先にあるプロバイダのIPv4タイプの設備の混雑が原因という情報もあったので、新しいIPv6タイプの別のサービスを探し始めたところ、プロバイダ各社でIPv6 IPoE方式のサービス提供を開始しており、今まで使っていた同じエキサイトにも「excite MEC光」があったため変更手続きも簡単かなと思って申し込んでみました。

月額は「エキサイト光」のときの3,360円に加えて、レンタルルータ代300円が加算され、月額合計3,660円となりました(※12月以降は3,600円に料金改定となるそうです)。

変更前の「エキサイト光」より300円程高くなってしまいますが、レンタルルータはWG1810HPという無線LAN機能付きの機材になるので、無線LANルータも欲しかったという人にとっては悪くないかもしれません。

その他

「Network Speed Test」には測定結果をテキスト形式でエクスポートする機能が無さそうでした。

そのため1画面ずつ「GT Text」というアプリのOCR機能で、キャプチャした画面から測定結果の部分をテキスト化しました。

その後、適当にテキストエディタで(今回TeraPadを使用)、半角スペースをタブに置換し、それをGoogleスプレッドシートにコピペし(そうすると表にうまくテキストが収まる)、そこからいろいろ加工してグラフの作成や平均値の計算を行いました。

同じ日付の測定結果は、Googleスプレッドシートにもあるピボットテーブル機能を使って日付単位で集約して平均値を計算しました。

ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン

購入

ビックカメラ.comの抽選に当たり8,607円(5%ポイント還元)で購入しました。

収録タイトル21本の内、遊んだことないものが半数以上あり新鮮ではあります。

開封時の写真など

まずは天面から。デザインは当時のままだと思います。f:id:narazuketabeta:20171005191707j:plain

青い側面。コントローラの4色ボタンに合わせたデザインです。f:id:narazuketabeta:20171005191713j:plain

黄色い側面。f:id:narazuketabeta:20171005191716j:plain

緑の側面。f:id:narazuketabeta:20171005191721j:plain

赤い側面。f:id:narazuketabeta:20171005191726j:plain

底面には収録タイトルの一覧。f:id:narazuketabeta:20171005191730j:plain

全内容物です。ミニファミコンと違ってコントローラは小さくないです。コントローラのケーブルは約1.4mとミニファミコンより長くなりましたが、テレビ台に本体を置く場合にはもう少し長さが欲しいような。f:id:narazuketabeta:20171005191734j:plain

本体サイズはミニファミコンとほぼ同じです。幅が少しあり縦が少し短いぐらい。f:id:narazuketabeta:20171005191738j:plain

コントローラの端子がどう見ても刺さらず一瞬焦ります。f:id:narazuketabeta:20171005191743j:plain

本体裏面。手前に切欠がありそこを引っ張ると、f:id:narazuketabeta:20171005191746j:plain

フタが開いて本物のコントローラ端子穴が無事出てきました。f:id:narazuketabeta:20171005191751j:plain

ちょっとだけドッキリ感を味わえます。説明書にはもちろん書いてあり、梱包箱の底面にも書かれていますが。f:id:narazuketabeta:20171005191756j:plain

面倒だったのでHDMIケーブルとUSB電源ケーブルはミニファミコンで使っていたものをそのまま差し替えて接続しましたが、無事起動しました。画面はミニファミコンと同じような感じです。f:id:narazuketabeta:20171005191759j:plain

とりあえずスーパーストⅡを少しやってみました。f:id:narazuketabeta:20171005191803j:plain

スターフォックス2は最初からは起動できず、初代スターフォックスの1面クリアが起動条件となっていました。f:id:narazuketabeta:20171005191703j:plain

とはいえ簡単にクリア出来ました。f:id:narazuketabeta:20171005191815j:plain

スターフォックス2が無事起動。少しやってみましたがナムコのスターラスターに似てるような。というかリメイク???f:id:narazuketabeta:20171005191819j:plain

Samsung スマートウォッチ Galaxy Gear S3 Frontier

購入

ヨドバシカメラで43,820円(10%ポイント還元)で購入しました。

OSがAndroid WearではなくTizenというマイナーな種類で、将来性が心配ですが、天気予報など基本的なアプリは初めからインストールされており、また、ゴルフのGPS距離測定アプリが無料で使える(今のところは?)ようで、思い切って購入しました。

カシオのWSD-F20を当初検討し、OSもAndroid Wearで無難だったのですが、店頭のデモ機を見てやはりサイズが大き過ぎる印象で、あと、デモ機の調子が悪かったのか画面の切り替えなどがあまりスムーズでなかったこともあり断念しました。

開封時の写真とセットアップの流れなど

円筒の梱包箱f:id:narazuketabeta:20170730095224j:plain

下の台座は充電スタンドf:id:narazuketabeta:20170730095228j:plain

電源OFF状態の正面f:id:narazuketabeta:20170730095232j:plain

全体f:id:narazuketabeta:20170730095236j:plain

裏側f:id:narazuketabeta:20170730095239j:plain

付属物f:id:narazuketabeta:20170730095243j:plain

交換用の短めベルトf:id:narazuketabeta:20170730095246j:plain

重さを測ると84gでしたf:id:narazuketabeta:20170730095249j:plain

電源を入れてみると最初から日本語表示でしたf:id:narazuketabeta:20170730095253j:plain

端末=スマホとの連動を促されますf:id:narazuketabeta:20170730095257j:plain

スマホ側のアプリはGooglePlayからインストールします。ダウンロード数5000万、評価4.1でなかなかの高評価 f:id:narazuketabeta:20170730095313j:plain

アプリインストールから接続操作は簡単でした f:id:narazuketabeta:20170730095321j:plain

利用規約は複数あり、大部分は日本語化されていましたが、一部は英語でした f:id:narazuketabeta:20170730095325j:plain

Galaxyアカウントでのサインインを促されますがスキップして進められます f:id:narazuketabeta:20170730095329j:plain

通知させるアプリの選択画面もメジャーなものは問題なく認識出来ている様子 f:id:narazuketabeta:20170730095332j:plain

内蔵ストレージも初期状態で半分以上は空きあり f:id:narazuketabeta:20170730095336j:plain

ウォッチフェイスやアプリの追加もトップ画面に f:id:narazuketabeta:20170730095340j:plain

通知機能の感想

主にLINEの通知しか確認していませんが、以下のような感じでした。

  • 文字化けは無く日本語表示は問題無し
  • スタンプもそのまま画像で表示される
  • 返信も標準のスタンプは利用できそう
  • テキストでの返信も画面が小さいが結構何とかなる
  • 返信用の定型文をスマホ側で登録しておけば便利
  • 通知時の振動は最初から設定が強になっているが個人的には強さは問題ない印象

その他基本機能の感想

  • 画面の解像度は充分で綺麗で見やすく、回転ベゼルで小気味よく切り替わり、操作性は良い印象
  • 時計画面は常時点灯する設定で使用しているがバッテリーはまる一日は持ちそう(ただし通知アプリの選択画面で誤って全アプリを通知対象にしていて半日持たなかったので通知が多い人は厳しいかも)
  • 音声操作もあり日本語の聞き取り精度も悪く無さそう(あまり利用してませんが)
  • 標準付属のゴムバンドはかぶれたので、Amazonで安めの革バンドに変更(その前にメタルバンドを購入したのですが、重すぎた上にロック出来ない不良品が届き返品、次に軽量なチタンで探したもののバンド幅22mmが少し特殊なのかあまり安価な品揃えが無く断念)
  • ビジネス向けにはFrontierよりClassicの方が良かったかも(Frontierだと真っ黒過ぎ??)
  • 天気予報アプリは国内対応しており利用頻度高め
  • スマホ側のミュージックプレーヤーのリモート操作が地味に便利
  • ヘルスチェックアプリが結構ちょくちょく通知してくる(歩く、階段登る、座りっぱなし、など)のが最初はウザったかったが、運動するモチベーションアップのためには多少しつこい方がいいのかな、という気もだんだんしてくる(最終的には設定で通知は最小限に変更しましたが)

ゴルフアプリの感想

購入動機のひとつだったゴルフのGPS距離測定アプリを追加してみました(ちなみにGooglePlayではなくSamsungのアプリストア画面のGalaxyAppsからになります) f:id:narazuketabeta:20170730095343j:plain

レビュー件数は21件と少ないですが、ここに出ているのは国内のレビューのみのようです。ちなみに他のレビューを見ていると「マニュアルが無いので送って欲しい→メールで送りました」というやりとりが多く、マニュアルはメールで貰えるようです。

後日実際にラウンドで使用してみました。まだ一回だけの利用ですが以下のような感じでした。

  • 国内のコースも結構登録されている様子
  • バッテリーはラウンド終了後で残り39%、比較的持ちそう
  • 各ホール終了時にスコアを入力できる(後から見る方法はまだ不明)
  • 途中何度か現在のホールを見失ったのか何故か距離測定が利用出来なくなり、一旦ラウンド終了させて再スタートするという手順を実施
  • 距離測定の誤差はコース上の残りヤード杭(残り100ヤードとか150ヤードとか)と比較して前後5ヤード程度で結構正確な印象

その他のアプリのスクリーンショット

ヘルスチェックアプリで睡眠時間の記録 f:id:narazuketabeta:20170801211904p:plain

天気予報アプリは利用頻度が多くなりそうなのでベゼル回転一個目で出るように設定しました
f:id:narazuketabeta:20170801211952p:plain

最初から入っているウォッチフェイス
f:id:narazuketabeta:20170801211946p:plain

高度気圧計
f:id:narazuketabeta:20170801211908p:plain

WEBブラウザを追加
f:id:narazuketabeta:20170801211922p:plain

Google純正アプリ一連は無いですが、Google地図っぽいアプリなどはGalaxyApps上にはあるようです。

他、乗換検索アプリもあるといいのですが、今のところは無さそうです。

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド

感想

まだまだ序盤ですが、何をやっても楽しいです。

リモコン爆弾が便利で投げまくっています。

敵に囲まれて慌てて近くで爆破→ダメージ→ハートまだ少なくて即ゲームオーバ、というパターンをよくやってしまうのですが、それも楽しいです。

自動セーブ機能があり、適度にストレスの無いやり直しができるので安心感があるからなのでしょうか。

キャプチャ画面

f:id:narazuketabeta:20170617073456j:plain 地面への青い光の映り込みに、土の湿気が感じられます。


f:id:narazuketabeta:20170617073500j:plain 日の出が近づくとちょっとほっとします。


f:id:narazuketabeta:20170617073504j:plain 太陽出てきても眩しくはないです。HDR対応テレビだと眩しさも感じられるのでしょうか。


f:id:narazuketabeta:20170617073515j:plain 花もアップにすると細やかな色使いで綺麗です。

その他

キャラクターはリアルな造形では無いですが、景色や動きがリアルです。

海岸に下っていく際の景色や、主人公がジャンプできる高さもそれっぽいとことなど(クライミング能力は半端じゃないですが)。

そのせいか、現実に外を歩いていて鳥が飛んで来ると狩りをしたくなったり、木に登りたくなったりします。

その感じが何だか新鮮なような懐かしいような。

Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)

購入

発売開始から品切れが続いていましたが、My Nintendo Storeで毎週木曜の昼休みの時間帯に一定数ずつ出荷されるという話を聞き購入トライしました。

スマホでトライして最初の週で運良く買い物かごに入れるとことまで進んだのですが、操作ミスがあったのかクレジットカードの登録がうまく行かず、変な画面遷移をしているうちに品切れとなってしまいました。。。

その翌々週のトライで無事成功して先週末に無事届きました。

本体

f:id:narazuketabeta:20170612000509j:plain

開けると、

f:id:narazuketabeta:20170612000548j:plain

コントローラは地味なグレーにしましたが、ネオンカラーでも良かったかもとだんだん思えてきました。

本体は小型のタブレットというサイズ感ですが、コントローラを取り付けると横長な印象でした。手に持つと重さは少しずっしり。

モニタ付いてて携帯できるゲーム機でもありますが、据え置き型ゲーム機の本体としてはかなり小型ということになり、何だか不思議な気がしました。

ソフト

とりあえずゼルダの伝説ブレスオブザワイルドのダウンロード版をAmazon(ちょっと安い)で購入してダウンロード開始。待つこと数時間、

f:id:narazuketabeta:20170612001225j:plain

前評判通りのゼルダ、すごい楽しいです。

本体について1週間程度使用した感想

スイッチの名が示すようにいろいろなパターンで使えそうな気配は感じます。

今のところ、

  • 撮りためた番組をテレビでながら見して消化しながらスイッチ本体を手に持ってゼルダ

  • コントローラは左右ばらして両手に持って両腕だらりでゼルダ(肩がこりにくいような)

  • コントラーラの電池が切れたら本体に装着して手に持ってゼルダ続行(本体に充電されていない状態でもコントラーラは半分までは本体から充電されるらしい)

など。

まだ外には持ち出していませんが、従来の据え置き機にはなかった可能性を感じます。

PS4に比べると確かにパワー不足は感じますが、楽しさはソフト次第だなと思いつつ、今のところほぼゼルダ専用機となっていますが満喫しています。

iPadの連絡先を辞書代わりにする

iPadのユーザ辞書

iPadのユーザ辞書は、一語ずつ登録することは可能なようですが、別のユーザ辞書から一括インポートすることが出来ないようです。

解決策をWEBで検索していると、日本語入力時の変換候補に連絡先に登録している情報も現れることを利用して、連絡先を変換辞書代わりに使えるという記事をいくつか見かけ、実際にトライしてみました。

実際の手順

  1. 変換アプリをインストールする

    • iPad側はvcf形式で連絡先にインポートするため、加工しやすいcsv形式に変換するアプリをWindowsPC側にインストールします。
    • Vectorで検索して上位に出てきた携帯アドレスデータCSV変換というアプリをインストールしてみました。
    • Visual Basic 6.0用ランタイム・ライブラリも必要なため無い場合は併せてインストールします。 www.vector.co.jp www.vector.co.jp
  2. iPad側で、連絡先をiCloudと同期するようにする(なっていない場合) f:id:narazuketabeta:20170520180800j:plain

  3. WEBブラウザからiCloudにログインし連絡先画面を開く f:id:narazuketabeta:20170520182557j:plain

  4. 連絡先をエクスポート

    • iPad上に既に登録されている連絡先情報がある(=同期されている)ことを確認(無い場合は同期されるまで待つ)
    • 画面左下の歯車マーク>すべてを選択>歯車マーク>vCardを書き出す…で連絡先をvcf形式のファイルで保存
  5. テキストエディタで開いて、文字コードをANSI(shift-jis)で保存しなおす

    • メモ帳の場合は、名前を付けて保存、で出てくる画面の右下の方の文字コードのメニューでUTF-8ANSIに変更し、ファイル名も適当に変えて保存する。
    • ファイル名を変えて保存しておけば、元のファイルはiPadの連絡先のバックアップファイルになります。 f:id:narazuketabeta:20170520183817j:plain
  6. VCF→CSV変換

    • 最初にインストールした携帯アドレスデータCSV変換を起動する
    • 参照ボタンで先程文字コードを変更して保存したファイルを選択した後、PCへ変換(VCF→CSV)ボタンを押すと、csv形式に変換されたファイルが生成される
    • この際、機種タイプはTYPE=01 auが良さそう(他でも大丈夫そうだが、TYPE=05はうまくいかなかった) f:id:narazuketabeta:20170520185802j:plain
  7. CSV編集

    • csv形式なのでexcelなどお好みのエディタで開き編集できるかと思います
    • 名前の列に単語(変換後の文字列)カナメイの列によみを追加します
      (追加するテキストデータはIMEやGoogle日本語入力などからエクスポートして事前にご用意下さい)
    • 追加したらcsv形式のまま保存して下さい
  8. CSV→VCF変換

    • 携帯アドレスデータCSV変換のアプリ画面に戻り携帯へ変換(CSV→VCF)ボタンを押すとvcf形式に変換されます
  9. VCFの項目修正

    • よみの項目名がiCloud側と異なるのでテキストエディタで一括置換して修正します
    • 先程出来上がったvcf形式のファイルをお好みのテキストエディタで開きます
    • テキストエディタの置換機能で、検索する文字列:SORT-STRING、置換後の文字列:X-PHONETIC-LAST-NAME、でセットし、すべて置換を実行します
      f:id:narazuketabeta:20170520214604j:plain
    • 置換が終わったら、最後に文字コードをUTF-8に変更して保存してください
      f:id:narazuketabeta:20170520214946j:plain
  10. iCloudにインポート

    • iCloudの連絡先画面に戻ります
    • そのままインポートするとダブってしまうのでiCLoud上の連絡先データを一旦全削除します。
    • 操作は、画面左下の歯車マーク>すべてを選択>歯車マーク>削除、確認画面が出るので削除を押します。
      f:id:narazuketabeta:20170520220028j:plain
    • 画面左下の歯車マーク>vCardを読み込み…、で先程文字コードをUTF-8に変換して保存したファイルを選択します
      • たまに何もインポートされないときがありますが、慌てず再度vCardの読み込み操作を実施すれば良いようです
      • 一部失敗したというようなメッセージが出る場合があり、原因は不明ですが文字化けしていました(ご確認、の確の字)
      • 全件読み込み失敗というメッセージは、vcfのバージョンが合っていない場合に出ました。変換アプリの機種タイプを再確認して下さい。
      • どうにもうまくいかない場合は、一番最初にiCloudからエクスポートしたファイルを読み込めば、元に戻せると思います。
  11. iPad同期

    • あとはiPadとiCloudが同期すれば、iPad上の連絡先に辞書データが登録されている状態になります

結果

  • 連絡先を確認するとインポートした辞書データが表示されています。 f:id:narazuketabeta:20170521002605j:plain
  • 日本語入力時によみがなの部分だけ入力するとインポートした単語が変換候補に表示されました。 f:id:narazuketabeta:20170521001534j:plain

まとめ

  • 慣れれば一連の作業は短時間で実施出来るとは思います。
  • 本来の連絡先情報と無関係な辞書データが、iPadの連絡先画面に大量に出て来ることになり、見栄えはあまりよくないかもしれません。

iPad Pro 9.7インチ Wi-Fiモデル 32GB

購入

アップルペンシルを使って仕事で使用する手書きノート代わりにしつつ、ノートPCも置き換えて荷物を軽量化できないかなと考え、iPad Pro 9.7インチのWi-Fiモデル 32GB版を購入しました。ヨドバシカメラで67,820円でした。

Wi-Fiモデル 32GB版はiPad Proシリーズの中では最安価なモデルですが、アップルペンシルも併せると約8万円でした。AndroidやWindowsのタブレットも、手書き用のペン(デジタイザ)対応機種だと5~6万円ぐらいはするようだったので、2倍まではしないなと思い、iOS端末は初めてでしたが思い切って購入してみました。

使用感

使用期間はまだ2週間程度という状況ですが、現時点で気になった点などを記載します。 (iOSのバージョンは10.3.1です)

全体的な操作性

普段使っているAndroidスマホ/タブレットとの操作性の違いが心配でしたが、特に違和感なく使えています。レスポンスも良く、一度だけアプリが無反応になったことはありましたが安定性も良いように思います。

手書き入力

アップルペンシルの書き心地はアプリにより多少違いがあるようです。手書き入力アプリとしては、仕事用にはOneNoteを選択しました。Apple純正アプリのメモに比べて幾分反応は遅くなる感じがしますが、実用的には問題ない印象です。

事前検討で他にいくつか試し書きした以下の中では一番良かったように思います。

  • YOGA BOOK
  • ASUSのAndroidタブレット ASUS ZenPad 3S 10
  • Surface Pro 4
  • ドスパラの8インチサイズの新モデル raytrektab DG-D08IWP
  • キャンドゥの円盤付きスタイラス
    (ドスパラの8インチサイズの新モデルの書き心地はかなり良かった印象です)

キーボード入力

Apple純正のキーボード付きカバーであるSmart Keyboardは購入せず、以前に購入していたポケモンキーボードでbluetooth接続して使用してみました。

設定で日本語キーボードが選択出来ないようで、記号入力がやり辛かったりしますが、接続性自体は問題無さそうです。

ソフトウェアキーボードも画面が大きいのでスマホに比べれば使いやすいとは思います。

マウス入力

事前の調査不足でしたが、まさかの未対応でした。

AndroidやWindows系のタブレットではbluetooth接続で利用できていたので当然ながらiPadでも利用できるもののと思い込んでいたのですが、iOSとして対応していないようです。

ネットで調べると世の中的には対応するマウス(ペンのふりをして対応する仕組み?)は存在するようですが、値段が高く、またマウス操作が可能なアプリも限定されるようです。

タッチ操作やアップルペンシルで、ある程度代用できるものの、仕事用にWindowsOSにリモートデスクトップ接続して操作する際、マウスに比べるとどうしても作業効率は落ちるように思います。

日本語入力

これも事前の調査不足でしたが、有料版のATOKはあるようですが、google日本語入力は利用できませんでした。さらには標準のIMEは辞書のインポートが出来ないようです。

ただ、連絡先を辞書代わりに使えるようで、今のところそれで対応しています。

アプリ

Androidで常用しているアプリはiOS版も大体あり、特に不便は無さそうです。

ストレージ容量

Android端末と違いSDカードが使えないのですが、 内蔵32GBでも、一通り使いそうなアプリをインストールして残り18GB程度あり、今のところは問題はなさそうです。

ネットワーク接続

Wi-Fiモデルを選択したため(Cellular版だとさらに1万円程度高い)、外出時はスマホのテザリングでインターネットに接続しています。

ときどきインターネット接続スピードが遅くなるときがあり(スリープからの復帰時?)、原因はよく判っていないのですが、iPad側のWi-FiをOFF/ONするとだいたい改善するような気がします。

重さ

本体重量は437gですが、液晶保護シート、カバー、アップルペンシル併せて約700g、さらにbluetoothキーボードも常時持ち歩くとするとトータル1kg弱となり、仕事用のノートPCがACアダプタ込みで約1.3kgだったため軽量化という当初目的に対しては、2~3割程の軽量化という、少し微妙な結果となりました。

f:id:narazuketabeta:20170507145019j:plain

Smart Keyboard(Apple純正のキーボード付きカバー)を購入すれば、もう100gぐらいは減量できそうです。

バッテリー

結構もつ印象です。スリープ状態で全然減りません。朝、満充電で出かけてスリープ状態のまま夕方になっても電池表示は100%のままでした。

画面

解像度も高く、普段使いとしては何も問題は無いのですが、ノートPCの代わりとする目的だと物理的なモニタサイズが小さくなる際はおすすめできないかもしれません。

仕事用にWindowsOSにリモートデスクトップ接続して操作する際、最高解像度の2048x1536だと文字が小さすぎて見づらい上に、アップルペンシルでの細かい選択操作などもかなり難しくなります。

解像度2048x1536でWindowsOSにリモートデスクトップ接続した画像(縦画面時) f:id:narazuketabeta:20170507152406j:plain

また、解像度を落として利用する場合でも、従来使用していたノートPCよりもモニタサイズが小さくなる場合、同じ解像度では当然ながら見づらくはなります。

あと、倍率の関係なのか1280x800などの解像度だと少しぼやけた感じになるようです。

まとめ

手書きノートの代わりとしては充分ですが、ノートPCの置き換えには用途によっては注意が必要なように思いました。

良かった点

  • 操作パフォーマンスが良い(レスポンスが悪くなることがあまりない)
  • アップルペンシルの書き心地が良い
  • 画面自体は綺麗
  • バッテリーが結構持つ

反省点

  • ノートPC代わりとしては劇的には軽量化できなかった
  • マウスが使えない
  • 日本語入力辞書にインポート出来ない
  • 9.7インチのモニタサイズはもうひと回り大きい方が良かったかも(重くならないなら)

広告