IT日記

IT日記

IT関連製品の使用感などを記載します

Windowsタブレットで時計がずれる(2)

前回、手動でWindowsタブレット(Windows10)の時刻同期をしたものの、何日か経過すると今度は10分程度時計が進むようになりました。

 

自動的な時刻同期の頻度を、標準の1週間に1回から、1日1回へ変更することで、時計のずれを少なくできるようになりました。

 

設定は以下のように実施しました。

 

「タスクスケジューラ」

(コントロールパネル>管理ツール>タスクスケジューラ、もしくはCortanaにタスクスケジューラと入力すると出てくる画面)を開いて、

 

画面左のフォルダツリーで、

タスクスケジューラライブラリ>Microsoft>Windows>Time Synchronizationを選択

 

画面中央の上の方にあるタスク選択で「SynchronizeTime」を選択、

f:id:narazuketabeta:20160614220913j:plain

 

画面右の操作メニュー内で「プロパティ」を選択、

「トリガー」タブを選択、

「新規」を選択、

 

 「タスクの開始」のプルダウンメニューで「スケジュールに従う」を選択、

「設定」は「毎日」、

「開始」に適当な時刻(初期値のままでも大丈夫だと思います)、

「詳細設定」で「遅延時間を指定する」のプルダウンメニューで「30分間」、

「OK」ボタンを押す、

f:id:narazuketabeta:20160614222651j:plain

 

以上のような設定でした。

 

ちなみに開始時刻を5分後ぐらいに設定して遅延時間が加算されて自動設定された「次回の実行時刻」まで待ってみたのですが、タスクが実行されているようには見えませんでした。

 

ですが数日後に改めて確認してみたところ、「前回の実行時刻」が表示されており、タスクが実行されているようでした。

 

「イベントビューアー」>Windowsログ>システム>検索「time」で確認したところ、時刻同期の結果と思われるログが出ていました。

f:id:narazuketabeta:20160614234903j:plain

 

実際に時計のずれも少なくなっていました。

f:id:narazuketabeta:20160614235437j:plain

(同期してから1時間半弱で早速1.1秒ずれてましたが)

Windowsタブレットで時計がずれる

購入から約1か月経過したWindowsタブレットのW01Jですが、気が付くと時計が10分程度遅れるようになり、目覚ましアラームとしては使いづらい状況になりました。

 

以下のように手動でインターネット上のNTPサーバーと同期させて時刻修正することは出来ました。

 

タスクバー右端の時計をタップすると出てくる画面で「日付と時刻の設定」をタップします。

f:id:narazuketabeta:20160605193241j:plain

 

次に出てくる画面で「時刻を自動的に設定する」が「オン」であればタップして一旦「オフ」にしてから再度タップして「オン」に戻すと、正しい時刻に修正されました。

f:id:narazuketabeta:20160605193249j:plain

 

もともと「時刻を自動的に設定する」が「オン」になっているのに時刻がずれる原因はよく判りませんが、インターネット上の情報だと、Windowsの標準同期間隔が1週間に1回になっていることが関係しているようにも思います。

 

WindowsタブレットでWebブラウザ比較

Windows10にしたW01JでいくつかWebブラウザを使い比べてみました。

タッチ操作を前提に、

  • Webブラウザのボタンが押しやすい(=大き目)サイズか
  • Windowsの戻るボタン(タスクバーに常設)がページ戻りとして使えるか
  • テキスト選択コピペが簡単か

という3つの点で確認してみました。 

 

ブラウザ バージョン ボタンサイズ 戻るボタン テキスト選択
Edge v25.10586.0.0
Chrome v50.0.2661.102m × ×
Firefox v46.0.1 × ×
Opera v37.0.2178.43 ×
Vivaldi v1.1.453.59 × ×
Google × ×
Internet Explorer v11.306.10586.0 ×

 

戻るボタン「×」のEdge以外は戻るボタンを押すと元のタイル画面に戻ってしまうようです。

タッチでのテキスト選択が「×」のものも、ソフトキーボードを呼び出して、シフトキー+左右キーで選択、Ctrlキー+cでコピーと操作していけば何とかなりますが、やや面倒です。

普段使用しているAndroid端末の操作の慣れで、ページ戻り時に戻るボタンをつい押してしまうこともあり、タッチ操作時はEdgeを今のところメインで使っています。

 

以下似たような画像ばかりですが、各Webブラウザでの表示画面をキャプチャしたものを掲載します。

 

Edgeの画面

f:id:narazuketabeta:20160522200804j:plain

 

同じEdgeですがシステムのテキストサイズを大きくした場合。ボタンサイズも併せて大きくなり、これぐらいだとかなり押しやすいです(その分、表示領域は狭くなりますが)。

f:id:narazuketabeta:20160522200859j:plain

 

Chromeは戻る/進むボタン、タブも小さめでタッチ操作が難しかったです。表示領域は大きいですが。

f:id:narazuketabeta:20160522201122j:plain

 

Firefoxはボタンサイズが少し大き目でよいですが、テキスト選択ができませんでした。あと、何となく動作が重たいような(拡張機能の影響かもしれませんが)。

f:id:narazuketabeta:20160522201323j:plain

 

OperaはボタンサイズなどはFirefoxに近い印象です。テキスト選択の機能はChromeに近いものでした。

f:id:narazuketabeta:20160522201655j:plain

 

VivaldiはデスクトップPCで最近よく使っているのですが、今のところタッチ操作向きではないようです。以下キャプチャ画像のようにタブバーを画面の下に表示させたり、さらには戻る/進むボタン&アドレスバーも画面の下に表示させることも可能です。

f:id:narazuketabeta:20160522202005j:plain

16/6/5追記)ボタンのサイズは「設定>デザイン>ユーザーインターフェイスの拡大率」で好みのサイズに変更出来ました。以下は拡大率を155%に設定した場合のキャプチャです。

f:id:narazuketabeta:20160605180424j:plain

 

 

Googleは今回比較した中で唯一Windowsストアアプリですがタブの機能はありません。動作は軽快に感じました。f:id:narazuketabeta:20160522202718j:plain

 

IE11もボタンは大き目でよいですが、全画面表示から戻れなくなったり少し動作が不安定な印象でした。f:id:narazuketabeta:20160522203328j:plain

約3000円のスマートウォッチ Excelvan I5 Plus

商品名 : I5 Plus

メーカー : 不明

購入先:Amazon

購入金額:2,980円

 

スマートウォッチと言ってもAppleWatchやAndroidWareのような高機能なものではなく、利用できる機能がスマホ着信通知、デジタル時計、万歩計ぐらいと限定的ですが安価です。

f:id:narazuketabeta:20160507105928j:plain

 時計表示は普段は消えていますが、確認しようと腕を少し傾けると表示されます。

タップすると日付、曜日表示になります。

ここから左右上下に指を滑らせると万歩計や電源OFFの操作画面に切り替わります。

画面の視認性は、屋内では問題ありませんが、昼間の屋外だと少し見辛いかもしれません。

 

スマホ側にZeronerというアプリをインストールして連動させることになります。

各機能はAndroid4.4.2のスマホとの組み合わせで以下のような動作状況でした。

 

使えた機能:

  • LINEの着信通知
  • メールの着信通知
  • SMSの着信通知
  • 電話の着信通知
  • スマホのシステム通知(アプリの更新通知など)
  • デジタル時計(時間、日付、曜日)
  • 万歩計(歩数、距離、カロリー)
  • 睡眠モニタ
  • 自撮り(スマホのカメラのシャッターをリモートで操作)
  • 目覚まし(指定時刻に振動)

 

使えなかった機能:

  • スマホ探索(リモートでスマホを鳴動させられる機能?)
  • 座りがち注意(一定時間動きがないと振動してお知らせする機能?)

 

頻度は少ないですが以下のような事象は発生しました。

  • スマホとの接続が切れる
    ⇒スマホ側でBluetoothのOFF/ONで復旧しました。
  • 時計がずれる
    ⇒スマホとの接続が切れたときに発生するような。いつのまにか復旧していました。 
  • 通知が来なくなる
    ⇒詳細不明ですがスマホ側で連続して通知が発生すると来なくなるような。

 

いくつかの機能を写真とともに記述します。

 

万歩計の画面。

f:id:narazuketabeta:20160507105926j:plain

 オムロン製専用品と比較した際、1万歩に対し数十歩程度の違いでした。思いのほか精度があるように感じました

 

バンドから本体を取り外した写真。

f:id:narazuketabeta:20160507105929j:plain

 充電はバンドから本体を取り外してUSB端子に接続して充電する形になります。

現状では5日程度は充電しなくても利用できています。また、充電自体は10分程度で満充電表示になります。

 

着信通知の画面。LINE側でメッセージ内容を通知しない設定にしている場合。

f:id:narazuketabeta:20160508134616j:plain 

振動とテキストで通知されます。

テキストは一部文字化けしますが、ファームのVerが1.1.0.8から1.1.1.0に上がってからはひらがなも表示されるようになり、随分読み易くなりました。

「新着メッセージがあります。」の横棒部分が別の記号に化けていますが、内容は理解できるかと思います。

表示されるテキストの内容は、スマホ側の通知内容を元にしているようですが、アプリによって多少連携内容が異なるようです。

 LINEの着信通知はZeroner側の設定にそれらしき選択肢が出てきませんが、「メッセージプッシュ」(通知対象アプリを設定する画面)の「SMSアプリ」を「Androidシステム」に指定すると通知が来ます(ついでに、メール着信や、アプリの更新通知なども来るようになりますが)。

 

テキストが多い場合(LINE側でメッセージや送信者も通知する設定にしている場合など)は、タップすると2画面目に切り替わり途中まで表示されます。

f:id:narazuketabeta:20160507194022j:plain

最後の...は省略していることを示しているようです。

全角だと文字数としては半分ぐらいになります。

 

Zeroner(スマホアプリ)側の万歩計の統計情報画面。

f:id:narazuketabeta:20160507194130j:plain f:id:narazuketabeta:20160507194129j:plain

 

睡眠モニターの画面。

f:id:narazuketabeta:20160507194132j:plain

 

デバイス設定画面。自動睡眠をONにしておくと睡眠モニターを自動で開始してくれますが、誤検知もあるため、手動で切り替えた方が結果が判りやすいように思います。

f:id:narazuketabeta:20160507194139j:plain

 

アラームの設定画面。複数設定できるようです。

f:id:narazuketabeta:20160507194140j:plain

 

第2リマンダーの設定画面。ここはよく判りませんが、座りすぎ注意機能の設定のようです。動作未確認です。

f:id:narazuketabeta:20160507194143j:plain

 

通知対象アプリの設定画面。ここで「SMSアプリ」に「Androidシステム」を指定するとLINEやメールの通知が来るようになりました。

f:id:narazuketabeta:20160507194145j:plain

 

アップデット=アップデート画面。ファームウェアのアップデート通知は無いようなので、ときどき手動で確認するしかないかもしれません。

f:id:narazuketabeta:20160507194146j:plain

 

約1万円のWindowsタブレット StarQ Pad W01J(続き)

Windows10への無償アップグレード期限が7月頃までということもあり、Windows8.1からWindows10へすぐにアップグレードすることにしました。

 

とりあえずW01Jの初期状態からWindowsUpdateを何段階か適用していくと、タスクトレイに「Windows10を入手する」アイコンが出てくるのですが、その段階であわててWindows10へのアップグレードを実施してしまうと「ダウンロードを開始しています」という画面から進みませんでした。

f:id:narazuketabeta:20160502202125j:plain

 

2日ほど待ってから気が付いたのですが、いつの間にか再起動を促すメッセージが出ていました(ログイン画面の切り替わりで一瞬表示される)。恐らくWindows8.1としては、まだWindowsUpdateが残っていて、バックグラウンドでインストールが進んでいたようです。

上記画面は出ている状態でしたが無視して再起動を行い、改めてWindows10へのアップグレードを実施したところ、今度はダウンロードが徐々に進む画面が表示されて、

f:id:narazuketabeta:20160502202126j:plain

 

そこからまたかなり時間はかかりましたが、無事Windows10へのアップグレードが完了しました。

f:id:narazuketabeta:20160505120611j:plain

 

メーカーのTJCさんのWEBサイトのFAQにも記述があったのですが、事前にWindows 8.1でWindowsUpdateを全て適用してからWindows10へのアップグレードを実施する必要があるようです。

 

その後、自宅や外出先で、良いと感じたこと/良くないと感じたことをメモしながら数日間使用してみました。

 

〇良いと感じたこと

  • 外観がシンプル
    ⇒技適マークも付いているようです。

    f:id:narazuketabeta:20160505185800j:plain

  • ポケモンキーボードが普通に使える
    ⇒半角/全角キーで日本語切り替えも出来て、キーボード印字通りの記号入力も出来ました。
  • youtubeをバックグランドで再生できる
  • デスクトップPCで使っているソフトが使える
    ⇒タッチ操作だと実際には使いづらいものもありそうですが。
  • wifi接続が割と安定している
    ⇒SIMスロットは付いていないので外出時はスマホにwifiテザリングで接続しましたが、スリープ復帰後も特に問題無い印象でした。

 

×良くないと感じたこと

  • ときどきレスポンスが悪くなる
    ⇒タスクマネージャで見ていると、ディスクの使用率が100%で張り付いてる間、レスポンスが悪くなっている(といいますかほぼ固まっている)ようです。アプリや使い方によってはメモリ1GBだとやはり厳しそうです。f:id:narazuketabeta:20160505190400j:plain
  • ストアのアプリが少ない
    ⇒無料ゲームのトップにソリティアに出てくるぐらいで、android/iosに比べると品揃えが少々寂しい印象です。

    f:id:narazuketabeta:20160505185708j:plain

  • テキストのコピーがやりづらい
    ⇒テキストのコピー操作のコツがいまいちつかめていません。テキスト長押しで選択範囲のカーソルが出て来たり来なかったり、アプリによって挙動が違うような印象です。ソフトキーボードを出し、シフト+カーソル左右で範囲選択、Ctrl+Cでコピー、という操作で代替できるときもありますが。
  • ソフトキーボードの挙動が微妙
    ⇒ソフトキーボードの出たり引っ込んだりの挙動も、androidのように「テキスト入力欄をタッチしたら自動で出てくる、テキスト入力後エンターで自動で引っ込む」というのとは少し異なるようで、ときどき手動で操作しないとダメなような感じです。
 
また、頻度は少ないものの以下のような事象は発生しました。
  • 音が出なくなる
    ⇒OS再起動したら直りました。
  • アプリが突然終了する
    ⇒メモリが少ないからかもしれませんが。
  • 突然再起動
  • アラームが鳴らない(スリープから復帰しない)
    ⇒スリープから自動復帰してアラームが鳴る動作は確認していたのですが、ダメなときがありました。そのときはスリープから復帰も出来なくなり電源ボタン長押しで再起動させました。目覚まし時計としての利用は厳しいかもしれません。
  • コルタナさんに無視される
    ⇒コルタナさんの初期設定時、内蔵マイクが対応していないというメッセージが出ましたが、そのまま進めても一応使えました。ただ、反応が悪い時もありマイクのボリュームを調整して様子をみたりしています。

  

改善する設定方法など判った際には、また記述できればと思います。

約1万円のWindowsタブレット StarQ Pad W01J

StarQ Pad W01JというWindowsタブレットを購入しました。開封からOS起動まで写真を交えて記載します。

 

f:id:narazuketabeta:20160502124135j:plain

商品名 : StarQ Pad W01J

補足:8インチタブレット、Windows 8.1

製造元 : TJC

購入先:abide store

購入金額:9,080円

備考:MicroSDメモリ16GBのおまけ付き、初回登録100ポイント使用

 

abide storeのWEBサイトから購入しました。平日対応のみで、クレジットは利用できないようです。今回、銀行振込を選択し、発送までに数日要しましたが、基本的には最短で対応頂けたと思います。 

また、abide storeのポイント使用は次回購入時ではなく初回から使用できました。

本日確認した際は在庫切れになっていましたが、メーカのTJCさん直販サイトStarQオンラインで、キーボードケース付きや、モバイルバッテリー付きの限定セールを実施しているようです。

 

 

梱包はしっかりしてました。 f:id:narazuketabeta:20160502130022j:plain

 

底面側に緩衝材は入ってませんでしたが。

f:id:narazuketabeta:20160502130425j:plain

 

おまけのSDメモリはTeamというメーカーの製品でした。

f:id:narazuketabeta:20160502130930j:plain

 

本体の箱を開けるとこんな感じでした。

f:id:narazuketabeta:20160502131322j:plain

 

 

 電源を入れたところです。最初から日本語対応していました。

f:id:narazuketabeta:20160502134930j:plain

 

Windows初期セットアップメニューを経てWindows8.1が起動しました。

f:id:narazuketabeta:20160502135356j:plain

 

デスクトップ画面も出ました。

f:id:narazuketabeta:20160502135648j:plain

 

CPU、メモリともに公開スペック通りです。画像ではカットしてますがサポートの欄にはTJCさんのコールセンターの電話番号などが記載されていました。

f:id:narazuketabeta:20160502141316j:plain

 

初期状態では空き容量20.5GBとなっており結構余裕があります。

f:id:narazuketabeta:20160502140311j:plain

 

SDメモリを装着した状態ですが、重量は352gでした。公開スペックの約340gに対してはちょっとだけ重めでした。

f:id:narazuketabeta:20160502140313j:plain

 

数日使用した感想などは追って記載できればと思います。

広告