IT日記

IT日記

IT関連製品の使用感など

iPad Pro 9.7インチ Wi-Fiモデル 32GB

購入

アップルペンシルを使って仕事で使用する手書きノート代わりにしつつ、ノートPCも置き換えて荷物を軽量化できないかなと考え、iPad Pro 9.7インチのWi-Fiモデル 32GB版を購入しました。ヨドバシカメラで67,820円でした。

Wi-Fiモデル 32GB版はiPad Proシリーズの中では最安価なモデルですが、アップルペンシルも併せると約8万円でした。AndroidやWindowsのタブレットも、手書き用のペン(デジタイザ)対応機種だと5~6万円ぐらいはするようだったので、2倍まではしないなと思い、iOS端末は初めてでしたが思い切って購入してみました。

使用感

使用期間はまだ2週間程度という状況ですが、現時点で気になった点などを記載します。 (iOSのバージョンは10.3.1です)

全体的な操作性

普段使っているAndroidスマホ/タブレットとの操作性の違いが心配でしたが、特に違和感なく使えています。レスポンスも良く、一度だけアプリが無反応になったことはありましたが安定性も良いように思います。

手書き入力

アップルペンシルの書き心地はアプリにより多少違いがあるようです。手書き入力アプリとしては、仕事用にはOneNoteを選択しました。Apple純正アプリのメモに比べて幾分反応は遅くなる感じがしますが、実用的には問題ない印象です。

事前検討で他にいくつか試し書きした以下の中では一番良かったように思います。

  • YOGA BOOK
  • ASUSのAndroidタブレット ASUS ZenPad 3S 10
  • Surface Pro 4
  • ドスパラの8インチサイズの新モデル raytrektab DG-D08IWP
  • キャンドゥの円盤付きスタイラス
    (ドスパラの8インチサイズの新モデルの書き心地はかなり良かった印象です)

キーボード入力

Apple純正のキーボード付きカバーであるSmart Keyboardは購入せず、以前に購入していたポケモンキーボードでbluetooth接続して使用してみました。

設定で日本語キーボードが選択出来ないようで、記号入力がやり辛かったりしますが、接続性自体は問題無さそうです。

ソフトウェアキーボードも画面が大きいのでスマホに比べれば使いやすいとは思います。

マウス入力

事前の調査不足でしたが、まさかの未対応でした。

AndroidやWindows系のタブレットではbluetooth接続で利用できていたので当然ながらiPadでも利用できるもののと思い込んでいたのですが、iOSとして対応していないようです。

ネットで調べると世の中的には対応するマウス(ペンのふりをして対応する仕組み?)は存在するようですが、値段が高く、またマウス操作が可能なアプリも限定されるようです。

タッチ操作やアップルペンシルで、ある程度代用できるものの、仕事用にWindowsOSにリモートデスクトップ接続して操作する際、マウスに比べるとどうしても作業効率は落ちるように思います。

日本語入力

これも事前の調査不足でしたが、有料版のATOKはあるようですが、google日本語入力は利用できませんでした。さらには標準のIMEは辞書のインポートが出来ないようです。

ただ、連絡先を辞書代わりに使えるようで、今のところそれで対応しています。

アプリ

Androidで常用しているアプリはiOS版も大体あり、特に不便は無さそうです。

ストレージ容量

Android端末と違いSDカードが使えないのですが、 内蔵32GBでも、一通り使いそうなアプリをインストールして残り18GB程度あり、今のところは問題はなさそうです。

ネットワーク接続

Wi-Fiモデルを選択したため(Cellular版だとさらに1万円程度高い)、外出時はスマホのテザリングでインターネットに接続しています。

ときどきインターネット接続スピードが遅くなるときがあり(スリープからの復帰時?)、原因はよく判っていないのですが、iPad側のWi-FiをOFF/ONするとだいたい改善するような気がします。

重さ

本体重量は437gですが、液晶保護シート、カバー、アップルペンシル併せて約700g、さらにbluetoothキーボードも常時持ち歩くとするとトータル1kg弱となり、仕事用のノートPCがACアダプタ込みで約1.3kgだったため軽量化という当初目的に対しては、2~3割程の軽量化という、少し微妙な結果となりました。

f:id:narazuketabeta:20170507145019j:plain

Smart Keyboard(Apple純正のキーボード付きカバー)を購入すれば、もう100gぐらいは減量できそうです。

バッテリー

結構もつ印象です。スリープ状態で全然減りません。朝、満充電で出かけてスリープ状態のまま夕方になっても電池表示は100%のままでした。

画面

解像度も高く、普段使いとしては何も問題は無いのですが、ノートPCの代わりとする目的だと物理的なモニタサイズが小さくなる際はおすすめできないかもしれません。

仕事用にWindowsOSにリモートデスクトップ接続して操作する際、最高解像度の2048x1536だと文字が小さすぎて見づらい上に、アップルペンシルでの細かい選択操作などもかなり難しくなります。

解像度2048x1536でWindowsOSにリモートデスクトップ接続した画像(縦画面時) f:id:narazuketabeta:20170507152406j:plain

また、解像度を落として利用する場合でも、従来使用していたノートPCよりもモニタサイズが小さくなる場合、同じ解像度では当然ながら見づらくはなります。

あと、倍率の関係なのか1280x800などの解像度だと少しぼやけた感じになるようです。

まとめ

手書きノートの代わりとしては充分ですが、ノートPCの置き換えには用途によっては注意が必要なように思いました。

良かった点

  • 操作パフォーマンスが良い(レスポンスが悪くなることがあまりない)
  • アップルペンシルの書き心地が良い
  • 画面自体は綺麗
  • バッテリーが結構持つ

反省点

  • ノートPC代わりとしては劇的には軽量化できなかった
  • マウスが使えない
  • 日本語入力辞書にインポート出来ない
  • 9.7インチのモニタサイズはもうひと回り大きい方が良かったかも(重くならないなら)

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ

購入

ヤマダ電機のネット販売で予約していたニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータが今週届きました。価格は5,558円でした。

 

着荷

梱包されている段ボールを開けると出てきました。

f:id:narazuketabeta:20161112195108j:plain

昔のファミコンの箱も確か同じ色だったような。

f:id:narazuketabeta:20161112193311j:plain

 

箱の天面。

f:id:narazuketabeta:20161112193319j:plain

 

箱の側面。

f:id:narazuketabeta:20161112193333j:plain

 

右手正面のF1レースは30タイトルには含まれていません。この写真は恐らく、昔のファミコンのものだと思います。

f:id:narazuketabeta:20161112195109j:plain

 

箱の底面に30タイトルの説明。

f:id:narazuketabeta:20161112193346j:plain

 

開封

本体。

f:id:narazuketabeta:20161112193301j:plain

 

真上から。カセットの取り出しボタンや挿入口のフタは動きません。

f:id:narazuketabeta:20161112193230j:plain

 

左側面、1コン側。f:id:narazuketabeta:20161112193247j:plain

 

右側面、2コン側。

f:id:narazuketabeta:20161112193240j:plain

 

背面にはUSBの給電口とHDMI出力。

f:id:narazuketabeta:20161112193505j:plain

 

底面。f:id:narazuketabeta:20161112193500j:plain

 

中国製のようです。

f:id:narazuketabeta:20161112193457j:plain

 

正面の拡張ポート(?)のフタも開きません。

f:id:narazuketabeta:20161112193456j:plain

 

コントローラは見た目は小さいのですが、使ってみると割と普通に使えます。

f:id:narazuketabeta:20161112193502j:plain

 

2コンのマイクはかざりのようです(たぶん)。少なくともマイクボリューム調整用のスライドスイッチは動きません。

f:id:narazuketabeta:20161112193504j:plain

 

接続

テレビのUSB端子とHDMI端子に接続するとすぐ使えるようになりました。

 

電源もUSBケーブル給電なので配線はすっきりです。

 

 

起動

画像は当然ながら昔のアナログTVのようなにじみもなく、くっきり綺麗でした。

 

対戦ゲームなどは、今やっても結構盛り上がります。

 

あとは、コントローラーのケーブルがもう少し長いといいなと思いました。

 

 

 

Windows10 anniversary update適用後の電源ボタン

WindowsUpdateでスリープ操作が変更に

自宅のデスクトップPCにもWindows10 anniversary updateが適用されました。

 

特に目立った変化は感じていなかったのですが、スタートメニューの配置が変わった関係で、キーボードでスリープさせる操作が少し変更になったようです。

 

以前は、Windowsキー → → Enter で出来ていたのですが、Windowsキーの後に→を押しても何も出なくなりました。Cortanaの入力ウィンドウが選択された状態になります。

 

物理的な電源ボタンにスリープを割り当てておけば一発ですが、デスクトップPCの本体が机の下にあって少々押し辛いため、できればキーボードからスリープさせたいです。

 

試したこと

以下いくつかのキーボード操作でスリープさせることは出来ました。

  1. Windowsキー Tab Tab ↓ ↓ ↓ ↓ Enter Enter
  2. Ctrl+Alt+Delete ↑ Enter Enter
  3. Windowsキー+X U S

 

3つ目がいちばん早そうです。

 

間違えてUを2回連打してしまうとシャットダウンになるので少し緊張しますが。

 

 

f:id:narazuketabeta:20161015155704p:plain

 

 

WindowsPCのファイラー As/R(2)

操作感をこれまで使っていたファイラーに近づけるため設定変更を実施していきます。

 

モードの変更

F12キーを押してコマンドモードからインクリメンタルサーチモードへ切り替えます。

f:id:narazuketabeta:20161010134654p:plain

画面の右下の表示で現在のモードが判ります。

再度F12キーを押すとコマンドモードに戻ります。

コマンドモードではキーにいろいろ機能を割り当ててキーボードメインで操作できるので、慣れれば早そうですが、ひとまずはインクリメンタルサーチモードにします。

これによりキーを押すと、該当するファイル名やフォルダ名が選択状態になります。

フォルダやファイルが多いときに便利ですが、どちらかというとコマンドモードで覚えていないキーを押して機能が動作し慌ててしまうのを回避するのが目的です。

 

チェックボックスの非表示化

ツール>環境設定>チェックボックス>なし

f:id:narazuketabeta:20161010141213p:plain

ファイルの一覧の左にあるチェックボックスを非表示にします。

 複数のファイルを選択する際は便利なので表示したままでいいかもしれませんが、後述するマウス、Ctrl、Shiftの組み合わせで選択する設定にしたときにややこしいので非表示にしておきます。

実際にはマウスオーバーでの選択よりチェックボックスによる選択の方が優先されるようです。

 

 タブの挿入位置

メニュー(タブ欄の右端にある歯車)か、ツール>環境設定からオプションを開き、

オプション>タブバー>新しいタブの挿入位置

オプション>タブバー>親子関係のあるタブの挿入位置

をともに「末尾」に変更します。

f:id:narazuketabeta:20161010174355p:plain

複数のタブを開いたまま作業している際に少し覚える位置が不意にずれるのを防止します。

 

見た目の変更

オプション>リスト>表示>モード依存の表示

で詳細欄にある「グリッド線」のチェックを外します。

追ってマウスジェスチャも使うため、同じ画面でついでに「一行選択」のチェックも外しておきます。

f:id:narazuketabeta:20161010182350p:plain

 ファイル一覧の細い区切りの線が消えます。
 

シングルクリック

オプション>リスト>マウス>左ボタンとダブルクリックの機能を入れ替え

f:id:narazuketabeta:20161010175205p:plain

ファイルやフォルダがシングルクリックで開けるようにします。

 好みの問題だと思いますが、マウスの寿命が延びるような気はします。

 

マウスオーバーでファイル選択

オプション>リスト>マウス>ポイントして選択(トラッキングセレクト)

f:id:narazuketabeta:20161010175820p:plain

これによりマウスオーバー(マウスカーソルをしばらく重ねる)でファイルやフォルダを選択できるようになります。

Ctrlを押しながらだと選択状態に1つ追加、Shiftを押しながらだとその前に選択したところから範囲内のものをまとめて追加することになります。

 

外観の変更

オプション>全体>外観>色、フォント

の画面で「 エクスプローラー風」を選択します。 f:id:narazuketabeta:20161010180354p:plain

リスト一覧画面の背景が縞から白塗りに変わったような気がします。

縞模様がある方が横の情報を見るときに判りやすいのでそのままでも良さそうですが。

 

マウスジェスチャ

オプション>インターフェイス>マウスジェスチャ

「マウスジェスチャを有効にする」にチェックを入れて、「追加」ボタンでフォルダ移動などを割り当てて行きます。

f:id:narazuketabeta:20161010190447p:plain

右クリックを押したままマウスを上に少し動かして右クリックを離すと、1つ上のフォルダに移動、という感じに操作できるようになります。

 

これぐらいでだいたい操作性は今までと同じ感じになったような気がします。

 

 

WindowsPCのファイラー As/R

ファイラーの変更

As/Rというファイラーを最近使い始めました。

 

秀丸ファイラーClassicを使っていたのですが、ネットワーク越しの動作が重く感じるようになりAs/Rを試そうと思いました。

 

ダウンロード

ソフトはVectorからダウンロード出来ますが、少しVerが古いようです。作者さんのサイトから最新版をダウンロードした方がいいかもしれません。

 

インストールを開始すると、Visual C++のランタイムがあるかチェックする画面が出てきて、Microsoftのページのリンクに飛べるようになっていますがるが、リンク先にはランタイムが出てこなかったので、作者さんのサイトからダウンロードしました。

 

インストール

初期状態の画面です。

f:id:narazuketabeta:20161010091854p:plain

 

これまで使っていたWindows標準エクスプローラーや秀丸ファイラーClassicとは、操作感がかなり異なるため、設定変更を実施していきました。

 

 

Android端末でポケモンGO

ポケモンGO

ポケモンGOを手元にいくつかあるAndroidで試してみました。

  

試した結果

  • ウィルコム Spray 402LG
    特に問題なくインストールでき、普通に動作しているとは思います。
    画面を指でスクロールさせる際の反応(追随性)が悪い印象でしたが、7/31のアップデートでましになったように感じますので端末スペックに依存した話ではないように思われます。
    端末のメモリが1.5GBとやや少なめなためか、別のアプリに切り替えた後の復帰時に、切り替え前の状態に戻らず、アプリ起動から始まり再開に時間を要するケースが多いような気はします。
    ポケモンGOは電池消費が激しいので、標準添付品だった予備バッテリーが活躍しそうです。

  • BLUEDOT BNP-500K
    インストールと起動はwifi環境下では問題なかったのですが、3G(BIC-SIMを使用)環境下だとGPSがダメなようで、プレイは出来ませんでした。

  • au AQUOS PHONE SERIE SHL23
    スペック的には手元の端末の中で一番良いのですが、OSがAndroid4.2であったためインストール出来ませんでした。

  • Sony Tablet S SGPT113JP/S
    タブレット端末ですが、OSがさらに古く、Android4.0であったためインストール出来ませんでした。

 

ちなみに

音楽プレーヤ再生中にポケモンGOを起動すると、音楽プレーヤは停止してポケモンGOのBGMに切り替わってしまうのですが、その後、音楽プレーヤに一旦切り替えて再生させてポケモンGOに戻すと、音楽プレーヤの音を聞きながらポケモンGOをプレイ出来るようです。
(ポケモンGOの音は聞こえなくなりますが)

 

アプリの切り替え方はいろいろあると思いますが、タスク切り替えボタンを使ったり、
f:id:narazuketabeta:20160801002622j:plain

 

もしくは、音楽プレーヤが通知パネル上で再生ボタンを操作可能なら(google play ミュージックなど)、画面上から下へのスワイプで出てくる通知パネルを使うと簡単でした。

 

 

約3000円のスマートウォッチ Excelvan I5 Plus(2)

2カ月ほど使用したExcelvan I5 Plusですが、以前より電池が持つようになったように最近感じます。

 

以下は1週間経過時の状態です。表示上は電池は半分残っているように見えます。

 

f:id:narazuketabeta:20160706231016j:plain

 

実際にはそこから3日後に電池は切れましたが。

 

ただ、以前よりUSB充電を行う頻度は減ったような気はします。

 

ファームがいつの間にかVerUPして改良されたのかなと思い、改めて確認してみましたがVerは変わっていませんでした。

 

通知頻度が大きく変わった訳でもないため、恐らく、購入当初は物珍しかったのが少し飽きてきて、無駄に画面を確認しなくなっただけのような気がしてきました。

広告