IT日記

IT日記

IT関連製品の使用感などを記載します

iPadの連絡先を辞書代わりにする

iPadのユーザ辞書

iPadのユーザ辞書は、一語ずつ登録することは可能なようですが、別のユーザ辞書から一括インポートすることが出来ないようです。

解決策をWEBで検索していると、日本語入力時の変換候補に連絡先に登録している情報も現れることを利用して、連絡先を変換辞書代わりに使えるという記事をいくつか見かけ、実際にトライしてみました。

実際の手順

  1. 変換アプリをインストールする

    • iPad側はvcf形式で連絡先にインポートするため、加工しやすいcsv形式に変換するアプリをWindowsPC側にインストールします。
    • Vectorで検索して上位に出てきた携帯アドレスデータCSV変換というアプリをインストールしてみました。
    • Visual Basic 6.0用ランタイム・ライブラリも必要なため無い場合は併せてインストールします。 www.vector.co.jp www.vector.co.jp
  2. iPad側で、連絡先をiCloudと同期するようにする(なっていない場合) f:id:narazuketabeta:20170520180800j:plain

  3. WEBブラウザからiCloudにログインし連絡先画面を開く f:id:narazuketabeta:20170520182557j:plain

  4. 連絡先をエクスポート

    • iPad上に既に登録されている連絡先情報がある(=同期されている)ことを確認(無い場合は同期されるまで待つ)
    • 画面左下の歯車マーク>すべてを選択>歯車マーク>vCardを書き出す…で連絡先をvcf形式のファイルで保存
  5. テキストエディタで開いて、文字コードをANSI(shift-jis)で保存しなおす

    • メモ帳の場合は、名前を付けて保存、で出てくる画面の右下の方の文字コードのメニューでUTF-8ANSIに変更し、ファイル名も適当に変えて保存する。
    • ファイル名を変えて保存しておけば、元のファイルはiPadの連絡先のバックアップファイルになります。 f:id:narazuketabeta:20170520183817j:plain
  6. VCF→CSV変換

    • 最初にインストールした携帯アドレスデータCSV変換を起動する
    • 参照ボタンで先程文字コードを変更して保存したファイルを選択した後、PCへ変換(VCF→CSV)ボタンを押すと、csv形式に変換されたファイルが生成される
    • この際、機種タイプはTYPE=01 auが良さそう(他でも大丈夫そうだが、TYPE=05はうまくいかなかった) f:id:narazuketabeta:20170520185802j:plain
  7. CSV編集

    • csv形式なのでexcelなどお好みのエディタで開き編集できるかと思います
    • 名前の列に単語(変換後の文字列)カナメイの列によみを追加します
      (追加するテキストデータはIMEやGoogle日本語入力などからエクスポートして事前にご用意下さい)
    • 追加したらcsv形式のまま保存して下さい
  8. CSV→VCF変換

    • 携帯アドレスデータCSV変換のアプリ画面に戻り携帯へ変換(CSV→VCF)ボタンを押すとvcf形式に変換されます
  9. VCFの項目修正

    • よみの項目名がiCloud側と異なるのでテキストエディタで一括置換して修正します
    • 先程出来上がったvcf形式のファイルをお好みのテキストエディタで開きます
    • テキストエディタの置換機能で、検索する文字列:SORT-STRING、置換後の文字列:X-PHONETIC-LAST-NAME、でセットし、すべて置換を実行します
      f:id:narazuketabeta:20170520214604j:plain
    • 置換が終わったら、最後に文字コードをUTF-8に変更して保存してください
      f:id:narazuketabeta:20170520214946j:plain
  10. iCloudにインポート

    • iCloudの連絡先画面に戻ります
    • そのままインポートするとダブってしまうのでiCLoud上の連絡先データを一旦全削除します。
    • 操作は、画面左下の歯車マーク>すべてを選択>歯車マーク>削除、確認画面が出るので削除を押します。
      f:id:narazuketabeta:20170520220028j:plain
    • 画面左下の歯車マーク>vCardを読み込み…、で先程文字コードをUTF-8に変換して保存したファイルを選択します
      • たまに何もインポートされないときがありますが、慌てず再度vCardの読み込み操作を実施すれば良いようです
      • 一部失敗したというようなメッセージが出る場合があり、原因は不明ですが文字化けしていました(ご確認、の確の字)
      • 全件読み込み失敗というメッセージは、vcfのバージョンが合っていない場合に出ました。変換アプリの機種タイプを再確認して下さい。
      • どうにもうまくいかない場合は、一番最初にiCloudからエクスポートしたファイルを読み込めば、元に戻せると思います。
  11. iPad同期

    • あとはiPadとiCloudが同期すれば、iPad上の連絡先に辞書データが登録されている状態になります

結果

  • 連絡先を確認するとインポートした辞書データが表示されています。 f:id:narazuketabeta:20170521002605j:plain
  • 日本語入力時によみがなの部分だけ入力するとインポートした単語が変換候補に表示されました。 f:id:narazuketabeta:20170521001534j:plain

まとめ

  • 慣れれば一連の作業は短時間で実施出来るとは思います。
  • 本来の連絡先情報と無関係な辞書データが、iPadの連絡先画面に大量に出て来ることになり、見栄えはあまりよくないかもしれません。

広告